赤ちゃんが産まれた時、あるいはそのお祝いとして使用したいという時に、ベビー服と新生児服についての知識が必要になります。ここでは、新生児服としてどのような種類のものがあるのか、どのように使い分けるのが良いのか、ということについて紹介します。ここではまず、その種類について幾つかピックアップして紹介します。

最初に紹介するのは、ロンパースと呼ばれる種類の新生児服についてです。この種類の新生児服については、まず季節に応じて適切なものを使い分けることができるように、袖の長さに幾つかの種類が用意されているのが特徴です。例えば長袖や半袖、ノースリーブなどの種類が用意されているため、秋冬や春夏でそれぞれ使用することができるようになっているのが特徴です。基本的には肌着として使用されることになるため、場合によってはロンパースの上から別の洋服を着せるというようなこともできるでしょう。ロンパースの特徴となっているのは足が覆われていないというもので、オムツ替えなどを比較的簡単に行うことができるようになっています。

他の種類の新生児服としては、カバーオールと呼ばれるようなものがあります。これはその名前の通り、体全体を覆うことができるように作られているのが特徴となる新生児服です。こちらの場合はロンパースと違って肌着として使用するためのものではなく、洋服として使用するものとして作られているのが特徴と言えるでしょう。

 

 

 

新生児服の種類は?